舌側矯正(裏側) 薫さん

 

ワイヤーが見えてしまうことが仕事上NGであったり、

予算に対する考えがあったり...

そこで担当医との相談で“ハーフセット”にする事に決めました。

上のほうは“リンガル矯正”で 、下の方はノーマルブラケットで矯正治療を行います。

よく見ると、薫さんは笑う時に上の歯が見えてしまいますので、見た目に影響があります。

ハーフセットの治療でどうなっていくのか、続けてご覧ください。

 

 

 

矯正前、薫さんの上顎は突き出していて、

下顎の歯並びはあまり良くないです。

歯を抜かなければいけないと診断されました。

 

矯正中、下側の歯がきれいに整い始めてきました。

さて、どのくらい輪ゴムを使ったか、どのくらい骨にネジを埋め込んだか、

数を数えてみましょう。

 

矯正終了、実はリンガル矯正とノーマルブラケット治療の原理は同じです。

矯正治療後はリテーナーを装着します。やり方だけが違います。

全站熱搜

黃博祺醫師 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()